放っておくと大変?厄介な歯周病とはサヨナラしよう

本当は怖い!歯周病の話

知っておきたい!歯周病の症状

トップページで触れましたように歯周病は全身のいたるところで様々な症状を引き起こす厄介な病気です。
軽度であるならば症状は口内だけにとどまり、口内や歯肉の炎症や軽い出血で済むのですが、病状の進行が深刻になるにつれ歯肉や歯槽骨の溶解に始まって全身に転移し最終的には心筋梗塞や脳梗塞など死に直結する病気を引き起こす危険な病気へと変貌してしまいます。
そうならないためにも初期症状があった時点で、歯科医の検診を受けた方が良いでしょう。
初期症状の代表的なものとしましては、炎症や出血の他に口内の粘つきや口臭、歯のぐらつきや歯肉の後退、歯列の変化や隙間の拡大などがあり、これらの症状が見られた場合、至急歯科医師に相談ください。

放っておくと危険!歯周病リスク

歯周病のリスクは放置しておくと全身に転移するという点とどんどん重症化していく点に尽きます。
感覚として身体のどこかしらの部分に主な症状である出血や炎症、体組織の溶解が起こる危険性が出てくると考えれば理解しやすいでしょう。
特に問題となるのが死亡の危険性が高い心筋梗塞や脳梗塞と相互作用で悪循環を引き起こす糖尿病と骨粗鬆症です。
心筋梗塞と脳梗塞は歯周病菌が出す内毒素により血管が腫れ上がることによって引き起こされ、糖尿病自体が歯肉炎のリスクを高め歯周病菌が糖尿病の進行させるマイナスシナジーを発生させます。骨粗鬆症も糖尿病と同様に、歯周病菌によって骨密度が減り、骨密度が低いと歯の隙間ができやすく歯周病菌が転移する危険性を高めるという悪循環を形成します。
他にも早産や低体重児の出産リスクを高め、高齢者の誤嚥性肺炎を併発させる原因となるため歯周病リスクは老若男女問わず避けるべきものであると言えるでしょう。