放っておくと大変?厄介な歯周病とはサヨナラしよう

こんなに怖い?歯周病

歯周病とは細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患のことを指します。
かなり多くの人間が罹患している病気で成人の80パーセント以上が歯周病にかかっていると言われているほどです。
うっかり放置して歯槽膿漏や抜歯をするはめになった方も少なくないのではないでしょうか。
主な症状としては口内の炎症や歯肉及び歯槽骨の溶解ですが、他に様々な症状やリスクの原因ともなり得えます。
多くはプラーク(歯垢)の中で繁殖した細菌によって引き起こされるので歯や口に及ぼす影響が大きいですが、身体のどの部分にも症状が出る可能性があるので放置すればするほどリスクは高くなるでしょう。
炎症性物質はインスリンの働きを悪くして糖尿病を発症させたり、早産や低体重児出産などの出産リスクを高め、骨粗鬆症や肥満、動脈硬化の要因として関わってきます。
歯周病が最も危険な点は歯の血管を通じて全身に入り込み、他の病気を併発させたり悪化させたりする可能性があることです。
特に脳や心臓に感染すると炎症や出血、動脈硬化などの症状が脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因となるので、一気に命に関わる病気になり危険度が格段に跳ね上がります。
誤嚥により肺に感染することも多く、高齢者の死亡要因になりやすい誤嚥性肺炎の原因になることもしばしば見受けられます。
また、一説によると歯周病菌の中にはアルツハイマー病を悪化させる酵素を出す可能性があるとされており、様々な疾患のリスクを高める要因となることを理解しておきましょう。

本当は怖い!歯周病の話

歯茎から血が出たけどそんなに珍しいことじゃないから放っておいても大丈夫。 そんな風に軽く考えている方も多いのではないでしょうか? しかし歯周病は放っておくと大変なことになる危険な病気なのです。 ここで幾つかの症例を紹介するので是非とも参考にしてください。

歯周病を治すために

お口の病気で唯一生活習慣病であるといわれている歯周病は不治の病とも言われており、治すのが非常に難しい病気です。 正しいブラッシングを身につける他に長期にわたって入念な手入れが必要なため専門知識のあるお医者様に相談して根気よく治療を続けましょう。

専門知識豊富なお歯医者さんの探し方

専門的な知識に基づいた継続的な治療が必要な歯周病は実績や知識の豊富なお医者様を探すことが完治への最大の近道です。 こちらの記事ではお医者様選ぶ際に押さえておきたいポイントを挙げていますので、是非とも参考にし、あなたに合ったお医者様を見つけてください。